ISO14001

ISO14001

2016年度 品質方針

  1. 社内不良を出さない対策として、常時社内パトロールを行いQC工程表に基づいた物づくりができるかチェックを行ないます。2次外注については、年2回品質監査を行い、不良率を減らします。
  2. 市場で発生した技術的トラブルおよび生産上のトラブルに関しては、開発及び技術関係が主体となり問題点を解析し、必要に応じて関係部署を招集し打合せを行ないます。
  3. 生産設備に対し、専門機関での講習を受講した職員がチェックを行い、正常に稼働しているか確認します。
  4. 本社、工場内で使用している測定器、計測器等をJQAにて校正を行います。
  5. 品質目標を設定し、継続的改善を図ります。

2016年度 環境方針

株式会社オサダは、端子台メーカーとして環境問題の重要性を認識し、開発・設計から製造・販売に至る環境負荷低減に適応した活動を行い、環境保全に努めます。

活動方針

  1.  環境マネジメントシステムの運用を積極的に推進すると共に、継続的改善を図ります。
  2. 地域環境を認識し、地元の各団体と合同で自然環境の保全に努めます。
  3. 廃棄物はリサイクルできるものとリサイクルできないものに区分することは従来通りであるが、リサイクルできないものを減らすための目標を各部署にて決め、目標を達成するための手段を決め実行します。
  4. 環境管理に関する法規制及び国内外の規制に対し環境基準を順守します。
  5. ホームページ上で電子カタログ、環境データおよび製品図面が取り出せる機能を追加しました。お客様が速やかに正しい情報を取り出せるよう、データのアップデートを常時行います。
  6. この環境方針は当社の全従業員に対して周知し、利害関係者に公開します。
  7. 環境目標を設定し、継続的改善を図ります。
  8. 環境化学物質の管理を実施します。

環境マネジメントシステムの適用範囲

1.当社の環境マネジメントシステムの適用範囲は、端子台の設計・開発及び製造。

2.各サイトの適用範囲

(1)本社

製品開発、製品評価、環境管理、販売・サービス

(2)岩手事業所

樹脂成形、製品組立・出荷検査、品質管理、環境管理
自動化開発、金型の設計・製作

美化活動

ongata_map2002年から毎年の行事として地域のごみ拾いを行っております。
当初は社員だけの活動でしたが、地域の自治会、団体、住民の方々が参加してくださり、幅広い活動となりました。
2008年からは岩手事業所でも美化活動を行い、関連会社の協力を得て重機を使用した大掛かりな回収を行っています。毎年美化活動を行っていますが、相変わらずタイヤ、冷蔵庫、テレビ、金庫、車等を山間部に捨てるケースが目立ちます。また、レンガ、瓦、建築資材の投棄もありました。
東京八王子のごみ拾いをしたところには「不法投棄禁止」の立て札や監視カメラを公共機関で設置してくださったことにより、綺麗な状態が維持できるようになってきました。
今後も取組んでいきたいと思っています。

bika_hachioji

bika_iwate

ページの先頭へ