株式会社オサダ > 生産設備のご紹介 > 板金プレス新設備の導入について
板金プレス新設備の導入について

板金プレス新設備の導入について

2016年9月、弊社岩手事業所に最新のファイバーレーザ複合機を導入、稼働しました。

新たに導入したのは以下の設備です。

  • ファイバーレーザ複合マシン(AMADA LC-C1AJシリーズ)
  • CO2 レーザー複合マシン (AMADA LC2012C1NT)
  • 高速・高精度サーボベンディングマシン(AMADA EG-6013)

honsya_lc-c1nt
iwate_lc-c1aj
上記設備により、鉄・SUS・銅・黄銅・アルミの自由な加工が可能になります。

EG-6013_SheetWorks

これまで穴あけ、切断、成形など複数の工程に分けて行っていた作業を、これら新しい設備導入により1工程で行うことでコスト削減を実現します。
併せて、加工時の材料の無駄を削減し、高速・高精度で省エネや環境にも配慮したものづくりが可能になります。

鉄・SUS・銅・黄銅・アルミの自由な加工に対応しております。これらプレス加工品に関する特注品のご相談も承っておりますので、お気軽にご相談下さい

弊社では今後も積極的に設備投資を実施し、高信頼性・高技術なものづくりを推進して参ります。

bus-bar

 

 

 

ページの先頭へ